爪を短く切ってしまうと、巻き爪は悪化してしまう!?

  • 投稿日:2018年8月21日
  • (最終更新:2018年8月21日)

※免責事項

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、この記事の内容はあくまで私見です。
万が一内容に誤りがあったとしても、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いかねますのでご了承ください。
体調に異変を感じた場合は、当ブログの情報や自己判断ではなく、医療機関を受診するようにしてください。

爪を短く切ってしまうと、巻き爪は悪化してしまう!?

\この記事は私が書きました/

谷 卓弥

整形外科・鍼灸整骨院で働いてきた経歴を持つ治療家。西洋医学・東洋医学の両方を活かして「どこにいっても良くならない。どうにかして欲しい」と、言った人をタイプに合わせてカラダを良くしていくカラダのプロ。

あ~。歩く度に巻き爪の部分が痛いな~。

でも、痛みが出てくると爪を短く切るとマシになるんだよねー!!

だから、その都度痛みが出ると爪を短く切ると大丈夫!!

と、思っているあなたは危険です!

それは、爪を短く切ると一瞬は痛みの方はマシになります。

しかし、その行為を続けると巻き爪の状態はどんどん悪化してしまいます。

では、そのような状況になった場合はどのように対処するべきなのかお伝えしていきます!

巻き爪とは?

実は、巻き爪の中でも色んなタイプがあるってこと知っていましたか??

実際にあなたの爪のタイプがどれに当てはまるかチェックしていきましょう。

大体の巻き爪は写真のように爪の両端が少しづつ、巻いてくる状態になってしまいます。

その巻いてきている爪が皮膚に刺さってしまい、痛みが出てしまいます。

その結果

  1. 歩くだけで痛みが出てしまう
  2. ヒールや細い靴を履くと痛みが走る
  3. 指に力が入らない
  4. 痛みがあるため、爪を切り過ぎて深爪になってしまう

という事が多くなってしまいます。

しかし、巻き爪でも変わった爪の巻き方もあります。

陥入爪

陥入爪とは、爪がかなり短いです。ただ、爪は短くても、爪の両端が皮膚の肉に食い込んでしまう状態のことを言います。

そのため、見た目では巻いているかは分かりにくいですが、痛みや爪の周囲が 赤く腫れてしまうこともあります。

・弯曲爪

これは、爪がローマ字のCやUみたいな形で爪が伸びてしまう状態のことを言います。

この弯曲爪は、変形がひどすぎてしまうと痛みが出てしまいます。

しかし、見た目がひどいだけで痛みが出ない場合もあります。

なぜ?爪を短く切ってしまうと悪化してしまうのか?

では、なぜ爪を短く切ってしまうと巻き爪が悪化してしまうのかお伝えしていきます。

まず、爪の構想上のことからお伝えしていきます。爪が伸びてくるとピンク色の部分と白い部分に分かれます。

実は、爪の白い部分は靴などの圧迫を守る。

すなわち「衝撃から守ってくれる」役割があります。

そして、ピンク色の部分は「衝撃に弱い」部分になります。

爪を切る時に白い部分が残っていると「見た目がキレイではない」・「伸びたままだとみっともない」

などの理由から深爪に切ってしまう方もいます。

このように、白い部分が残らない状態が続くと衝撃から守れないために爪にダイレクトに負担がかかってしまいます。

その負担がかかり続けることによって「巻き爪」になってしまいます。

この巻き爪の痛みから解放する方法とは?

爪を短く切ってしまうのは悪化してしまうのは分かったと思います。

ただ、巻き爪になっている人の気持ちとしては「爪を短く切らないと痛いんだもん」となりますよね。

そういった方にはどうすれば巻き爪の痛みから解放されるのかお伝えしていきます。

ネットで検索してもらうと「綿花(ティッシュなど)を詰める」・「自分で出来る巻き爪改善グッズ」 など出てくるかなと思います。

しかし・・・

  1. 爪を短く切らないと痛くなる
  2. 爪を短く切ってて痛みがなかったのが最近は切っても痛い

などの状態がある人はすでに巻き爪が進行している可能性があります。

そのような人が

  • 綿花(ティッシュなど)を詰める
  • 自分で出来る巻き爪改善グッズ

をやるのは本の一過性はマシになるかもしれませんが、根本的に巻き爪を治すのは難しいと思います。

そのため、この痛みから解放されるのは医療機関に通い「ワイヤー矯正」などの治療を 行い、爪の変形を改善していく必要があります。

巻き爪は絶対に放置させてはいけない!

巻き爪は痛いので出来るだけ早く処置をするようにしましょう。

それは、巻き爪を放置するともっと怖いことが起こるからです。

では、どんな事が起こるのか?お伝えしていきます。

巻き爪は当たり前ですが、爪が皮膚に刺さり続きます。

そのような状態が続くと皮膚にトラブルが起こります。

最初は、軽く腫れてきます。そのような状態も我慢し続けてしまうと「化膿」 してしまいます。

化膿までしてしまうと当然かなり痛みが出てしまいます。

治療をするとなってもかなり痛みが出てしまう可能性があります。

もし、化膿までしてしまっている人は先に皮膚科などに通い、薬で治すようにします。

その化膿が良くなってから巻き爪の治療を行うようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか??

爪にはそれぞれ役割があります。爪の白い部分は「衝撃から守ってくれる」役割。爪のピンク色の部分は「衝撃の弱い部分」になります。

そのため、 爪を切り過ぎてしまうと爪に負担がかかってしまい、余計に巻き爪が悪化してしまいます。

爪の白い部分は少しだけ残すようにしましょう。

そして、爪を短く切って楽に なる場合は巻き爪が進行している可能性があります。

出来るだけ自分で処置をせずに医療機関でしっかりと治してもらうようにしましょう。

巻き爪は放置してしまうと、化膿までしてしまいます。

ここまでいくとかなり痛みが強く なってきます。そのため、早めの処置をするようにしましょう。

ほとんどの人が1回目の施術から巻き爪の痛みから解放される。手術をしない巻き爪矯正法ご存知ですか?

病院にいったけど
「爪を切られただけで、また伸びてきたら痛くなる」を繰り返し、最終的には手術をすすめられている。
「もう手術しか巻き爪が治らないのかな・・・」と不安になっていませんか?

当院の巻き爪専門施術は手術はもちろん、皮膚を切ることもありませんし、施術後の日常生活に支障をきたすことがありません。

何より来院前まで痛くて仕方がなかった指が帰るころには痛みがでていないことに皆さん驚かれます。
「どこに相談すれば良いかわからない」
という人は真っ先に神戸巻き爪センター サキュレにご相談ください。


神戸巻き爪センター公式サイトへ

この記事を読んだ人は、他にこんな記事も読んでいます

もう巻き爪で悩まない!これで痛みとサヨナラできる方法

  • 投稿日:2017年12月07日
  • (最終更新:2018年1月15日)

ワイヤー矯正だけでは、巻き爪は再発してしまうリスクが高い!!

  • 投稿日:2018年9月11日
  • (最終更新:2018年9月15日)

テーピングを試したが、巻き爪が良くならない人の隠された理由は??

  • 投稿日:2018年4月28日
  • (最終更新:2018年4月28日)

【診断チェック!】あなたの巻き爪は、どの矯正方法がピッタリなの?

  • 投稿日:2018年2月13日
  • (最終更新:2018年4月16日)

治療をしても巻き爪が何度も巻いてしまう、たった一つの原因とは?

  • 投稿日:2017年11月15日
  • (最終更新:2018年4月16日)

人気記事ランキング

『ふくらはぎ』が急につってしまうのはなぜ?原因や予防対策など徹底解説!!

  • 投稿日:2018年6月23日
  • (最終更新:2018年6月23日)

外反母趾専門治療家によるオススメ対策グッズとは?

  • 投稿日:2017年9月04日
  • (最終更新:2017年11月19日)
NO IMAGE

股関節が痛い!原因や予防法は?

  • 投稿日:2018年9月15日
  • (最終更新:2018年9月15日)

内反小趾の痛みを治すときに大事な3つのポイントとは?

  • 投稿日:2017年10月22日
  • (最終更新:2017年11月18日)
NO IMAGE

これであなたも大丈夫!外反母趾の予防に必要な4つのステップ!!

  • 投稿日:2018年5月30日
  • (最終更新:2018年5月30日)